きせかえツールスタジオ

全然進んでない、きせかえツール

 じぇ~~んじぇん進んでません(~.~ )( ~.~)(~.~ )( ~.~)
初音ミク きせかえツール。
触っている暇なし状態です。
一応、現状との差分だけで書き書き _φ(__ )

 普通電話、発信画面を作る。
と、いつもの様にキオ式ミク!・・・・・・・ではなく、今回はキオ式ネル!

キオ式ネル
だって、ネル好きだもの(^^;
このネルはホント、良くできていると思いますよ。惚れた(*^^*)

で、電話発信のGIFアニメーションを作成するわけなのだが~~~~~
なんとここで、ファイルの大きさ100KB以下という規制があり、大きなGIFは作れない。
ので、カラーテーブルの数を減らし、フレームを減らし、なんとかできたのがこれ↓
Calling_2
 PCで見ると、画像が粗いですが、携帯だと違和感なしの助太郎。
で、やっとBLOGと実際の作業が合致しました。
でもこの先、いつ進めるのか~~~

| | コメント (0)

初音ミクきせかえツール作成 本題作成~

 暑いです~~~。洗車したのに雨降らなかったよ(-。-;チッ
蝉まで鳴いてる・・・・・・梅雨明けしてないだろうに。

 さてさて、初音ミクきせかえツール作成の続き。
前回は電池インジケーターまで作りましたので、ここから本題。長文になる怖れ(’_’;
待ち受け画面の作成であります。

 待ち受けにはキオ式ミクを使わせてもらいます。
六角大王5.0画面
 キオ式ミクは,六角大王のデータであり、ボーンを動かす、モーフィングさせるだけでかなりのポーズがとれます。

ポーズ
 またライブラリのポーズをドラッグ&ドロップするだけでもポーズがとれます。

 更にはライブラリのデータをドラッグ&ドロップで動きも付けられます。

走るミク
こんなのや

飛び跳ねるミク
こんなの(^^;
もちろん自分でポーズを決めてアニメーションを製作することも可能。
うちのBlogのサイドバナーはこれで作ってます。

 って脱線した・・・・・・(--;
携帯待ち受けの話。
キオ式ミクでまずはポーズを決めます
携帯用ポーズ

 んでこれをPhotoshop上に送って、効果やレイヤーやらなんやらを追加して

ver2.1

 こうする(^^;

右下側がデザイン的に空いているのは、携帯で私はカレンダー表示をさせているため。

これも実はver.2.1

ver.1.0はこんなのでした。

ver1.0

 にゃお、ver.1.0は「HATSUNE」のスペルが間違っていました orz

全然気がつかなかった・・・・・・・・

| | コメント (1)

初音ミクきせかえツール作成 電池インジケータは

 さてさて、ねぎ携帯、いんや初音ミクきせかえツールの続き。

アンテナマークはサクッとできたとして、電池インジケータはどうすべか(--;
考えた・・・・・
一応、デフォルトの電池インジケーターをちょっと変えたぐらいのデータを最初に作ってみた。

 しっくりこない・・・・・orz

 透過GIFの使い方も判明したので透過GIFで行こうかと思ったが、考えなおす。
デザインもミクの中から抜き出してみることにし、ミク観察(@@)ジー

 ありました、ありました転用できるデザインが。
Batt

 ミクの腕のキーボード?(インジケーター?)を参考に電池インジケーターをデザイン。
これもVer2.0。1.0はバランスが悪かったので修正してやる!って即修正。
透過GIFでなく普通のGIFで作成。

 やっと本題にかかれる・・・・・・

| | コメント (0)

初音ミク きせかえツール作成 それはネギから始まった

 さ~てさて、なぜにドコモのきせかえツールを導入したか。
それは、初音ミクきせかえデータを作成するため。
ま、先の説明のネギ画像見てれば、気が付いているでしょうが(^^;

 で中々進まない。じっくり触る時間がない。

取りあえず、アンテナマークのデザインだけは決まっていた。

なんてったって「ネギ!」「ねぎ」「葱!」

その為にいらないアプリインストしたんだから(^^;

Ant

一応これはver2.0。ver1.0は気に入らないので消した。
アンテナの代わりにネギが立つ!!
前回のマスクの件もあってここまで10日ほどかかった・・・・・orz

 しかし、ニコ動の時報、なんとかならんかね。邪魔でしょうがないです へ(´△`)ノ

あと、ふるみっく伝染歌プレイヤー、突然の閉鎖に驚き。

と共に、プレイヤーから落としたデータを消去してしまい復旧途中だったのに・・・・・・これで2回目(阿呆)

「かえりたい」がニコ動でも見つかりません。

| | コメント (1)

SO90*シリーズの注意点

 さて、全然進んでないきせかえツールスタジオ。

SO90*シリーズの注意点。
アンテナ画像、バッテリー画像を作成するときに「マスク」を作らないといけない。
実は私も選択画面に「電波マークマスク」「アンテナマークマスク」ってあるのが判らずに、透過GIFでデータを作ってビルドしてましたが、透過にならず1週間悩みました(--;
結局、ググッってようやく解決。

マスクの詳細はこんな感じ
Photo
 電波マークの画像に、制作した透過GIFを選択。
 電波マークマスクに電波マークの画像の画像部分を黒くしたマスク(透過GIF)を作り選択。
 でようやく実機で透過GIF画像となるわけ・・・・・余計判り辛いか・・・・

 結局、透過GIFで作った画像部分のマスクを作らないと実機で透過してくれない仕様。
ソニエリさん、なんでこんなめんどいことしたの?(--;
ちなみに、マスク画像を作って「きせかえツールスタジオ」のエミュレーターで再現(ビルド)しても、透過になりません。これはバグらしいです(--;

 みかかドコモも不親切~~~~

| | コメント (0)

きせかえツールスタジオ 導入編

 仕事の合間をぬって、みかかドコモのきせかえツールスタジオを触っております。

が、これがまた説明書が不親切で判りにくい。
やはりみかか、元役所的なところは変わらないのか?
と言う事で、全部の機能は説明しきれないが、多少導入の手引き見たいな事を・・・

 ☆ダウンロード

 なんといってもダウンロードしてこないと始まりません。
ダウンロード先はドコモのきせかえツールスタジオのページから。
その前に、きせかえツールコンテンツ作成ガイド もダウンロードしましょう。判りにくいけど。
あと、携帯の機種別にプロファイルが必要になりますので、これもダウンロードします。
きせかえツールスタジオプロファイルのダウンロード
ダウンロードしたファイルは+Lhaca等で解凍します。

 ☆インストール

 まずはダウンロードし解凍した「きせかえツールスタジオ」のファイル「きせかえツールStudio 30」内の「tool」フォルダ内のsetup.exeをダブルクリックしインストールします。
インストールが終わったらプロファイルをコピーします。
1_2
 デフォルトでは、プロファイルは「C:Program Files」フォルダ内の「DoCoMo」フォルダ内、「DoCoMo きせかえツール」フォルダ以下に「Profile」フォルダというのがありますので、自分で使う携帯の機種のプロファイル(先にダウンロードし解凍したプロファイル)をコピーします。
これでようやく機種別のきせかえツールが作れるようになります。
あとの操作は解凍したファイルの中に「KisekaeStudioUserManual_071004」という非常に不親切な説明書がありますで参考にしてください(^^;

 なお、演習で素材をコピーするとありますが、そのフォルダは
2
 ここです(笑)
実際にきせかえデータを制作する時も素材はここに集めておいた方が、編集するのには良いです。

 続く・・・・・・かな・・・・・・

| | コメント (3)